株式会社リーディングパートナー

カテゴリ

あきらめずに、一旦捨てる


こちらから電話をした主旨を相手から「不要」と言われたときは、

 

粘るでもなく、

引き下がるでもなく、

こちらの主旨(自己都合)を“一旦捨てる”ことです。

 

 

「わかりました」と言ってから、

「それ(不要)を前提に少しだけ教えてください」と了解を得ましょう。

 

その後は、相手のことを“心配をしながら”質問をしてみましょう。

 

 

心配をされて嫌な人はいませんし、心配をすることは相手の都合に配慮していることでもあるからです。