株式会社リーディングパートナー

カテゴリ

クロージングは最後にしない


 

クロージングを営業の最終段階で行うと思っているのは誤解です。

受注にならない原因は、提案にあります。

提案が刺さらない原因は、ヒアリングにあります。

ヒアリングが十分でない原因は、アポイントの取り方にあります。

 

それを最終段階の提案時に、懸命にクロージングをしても強引になるだけです。

強引であるが故に受注になりづらいのです。

 

アポイント時には、「ヒアリングを十分にさせてもらえる」為のクロージングをし、

ヒアリング時には、「提案に納得が出来れば前向きに検討をしてもらえる」為のクロージングをし、

提案時には、「懸念事項が解決すれば発注をしてもらえる」為のクロージングをするのです。

 

クロージングは営業の全ての段階で必要です。

クロージングが出来ていなければ、先に進まないようにしましょう。